Lotustorks


ロータストークスは『ミュージシャンがミュージシャンのリアルを考える』というコンセプトの基に設立した、本来あるはずのユーザビリティを実現する楽器関連プロダクトブランドです。

活動する現場での不便さから、こんなモノあったらいいのにな・・・と感じたことがあるミュージシャンは少なくありません。 にも関わらずどの楽器屋を探しても本当の意味で解決してくれる製品に 巡り合えないということも多々あるでしょう。

製造コストや費用対効果といった販売サイドから来る要素を極力排除した上で、現場から生まる声のみに耳を傾けてこそたくさんのミュージシャンに喜んでもらえるのではないか。 ロータストークスはミュージシャンが持つ感性と現場からのフィードバックに特化した製品を通じて、よりよい音楽環境構築の提案を志しています。





吉川 衛(きっかわ えい)

1986年3月10日生まれ
16歳よりベースを始め地元鳥取県米子市で活動した後26歳の頃に上京 上京後はMuff、Lotus Land、Mountain Mocha Kilimanjaro、Roomiesと 様々なバンド活動の傍ら、多くのアーティストのサポート活動を行う。 国内は勿論、海外ツアーも精力的に行い、活動範囲を広げ続けている。 ミュージシャンとしての活動の中で気づいた「ありそうでない楽器パーツが多数存在する」という考えに基づき、2019年に十代の頃からのベーシスト仲間の中西昇一郎と共に楽器パーツブランド「Lotustorks」を設立する。





中西 昇一郎(なかにし しょういちろう)

1988年10月22日生まれ
捨てるはずだったベースを友人から譲り受け、高校時代にライブハウスでの活動を開始。大学時代には自らのベースのみで表現する音楽の限界を求めて一人楽器を担ぎ関西を中心に活動。大学卒業後に過ごす平凡な時間に疑問を感じ、後に上京。師である吉川衛の熱意に押されて上京後すぐに設立となったLotustorksのコンセプトを具現化するべく、設計、製造を独学で習得。



Lotustorks
https://www.lotustorks.com/