生い立ち | Lotustorks

2019/11/02 13:39

こんにちは
Lotustorksの吉川です。

うちの中西が生い立ち系を紹介していて、
いいなぁ、オレもしたいなぁ
なんて思ったり。
そうですよね、大半の方からすれば
アナタ誰ですか状態なので
改めて自己紹介も兼ねて、
吉川 衛(きっかわ えい)と申します。
ベーシストです。

出身は鳥取県の米子市
「鳥取県といえば砂丘ね!一回行ってみたいなー!」
なんていう会話を年に数回は
必ず誰かとしますが
残念ながら僕の地元の米子市は
砂丘のある鳥取市とは真反対に位置してる
街なのです(くぅぅ)


米子市とは
【何にもないけど何でもある】
すごく分かりにくい説明ですが、そんな街。
これといって特筆すべき特徴はなく、
とはいえ山はあるし海もある。
ショッピングモールだってある。
美味しいお店も沢山ある。
全てがあるにはあるのだが、
自分が動かなければ特に何も起こらない。
何かしてやろうと、
動いたら動いたで刺激は得られる。
んがしかし動かなければ動かないなりに
充実してしまう。
そう、田舎ならではのアレ現象が起きやすい
良くも悪くも居心地が良すぎる街なのです。

なんだかすごく悪口いってるみたいな
説明になってしまいましたが
全くそういうつもりではないです‍m(__)m
本当に大好きな街なんです、米子。
(余談ですが、米子という名称の由来は
むかしむかし、その一帯を治めていた
八十八歳のリーダーが子供を作ったという
伝説から「八十八」→「米」&「子」という感じで「米子」になったといわれてます)



僕は生まれてから26歳まで米子で暮らしてました。いや、途中数年 島根に住んでるか。

優しくて寛大な両親のおかげで
幼少期から物心つくまで
スパルタ0% 縛り0%な日々を送らせてもらえたのも今となっては本当にありがたい財産です(決してボンボンという意味ではありません 笑)

そして16歳で音楽にハマり
18歳から24歳まで、当時ヤングなりに
本気でやっていたバンドが解散して、
単身ベース担いで海外移住しようとするも
大人の事情でバラシ、、
かと思えばヒョンな事から
26歳で東京に移住することに(ここら辺の話はとても長くなるのでまた別の機会に!)



上京してからはもう音楽一辺倒。
そりゃあ誘惑だらけのメガシティ東京、
脱線する瞬間なんて数知れずありましたが
常に音楽中心で来れたのは本当によかった。
そしてそのスタンスはもちろんこれからも
続くのですが、
上京してからの7年間
上京当初の自分が思い描いてた事よりも
すごい経験を沢山させてもらいました。
食えたり食えなかったりを繰り返しながらも、充実した日々を送りつつ
ある時、ミュージシャンとしての自分を
一歩引いて見れた時期があり

「ミュージシャンの生き甲斐としてお客さんを喜ばせるのは勿論の事、
周りに沢山いる同業のミュージシャン達も
喜ばせたいな…どうすれは…?」

みたいな
フワッとしつつも新しく芽生えたこの感覚が
Lotustorksの発端です。



そしてLotustorks
【ミュージシャンにとってありそうでなかった、けどあったら便利なパーツや おもしろい楽器アクセサリを作る会社】になったのです。
そして幸運なことに
中西というマイメン系 同志がいたおかげで
物凄いスピードでここまで来れました。
(同じベーシストという事もあり、音楽関係で一緒に何かするというのはこれまでほとんど無かったので本当に嬉しい)

ミュージシャンとしての活動はこれからも
勿論のこと、
Lotustorksという二足めの草鞋。

人生とは本当におもしろいものですね。

なんだかザックリとした生い立ち紹介になってしまいましたが、
ここまで読んでいただいて
ありがとうございます。
生い立ちシリーズ間の細かい話は、
また今後。



Lotustorks  吉川