言葉が格言と呼ばれる所以 | Lotustorks

2020/08/22 13:00

ども。
製作担当の中西です。

今回は『今後音楽はどこに向かうのか』というお話について。

いやーマジ分からん。

のっけから結論放棄してサー㌢。

まだまだ若輩と言えども時間だけはそれなりに過ごしてきたつもりですが、
今年ほど『一寸先は闇』という言葉を体感したことはありません。

いやぁ・・・
ホントどうなるんでしょうねw

ただ、

一寸先は闇と言えばネガティブなイメージがありますが、
これはつまり、どうあがいたって先のことなんか誰にも分からないということに他なりません。
いい意味でも悪い意味でも

前回の記事でも少し触れましたが、
先のことが分からない以上、
考えることにはたいした意味がないということです。

今回のテーマとは少し外れてしまいますが、
音楽のこの先について考えるという発想自体、
もしかしたらナンセンスなのかもしれません。

分かっていることなんて自分が何をどう考えているかだけです。
音楽がどうなるかは分かりませんが、
音楽が好きとか、
音楽に触れる人に喜んで欲しいとか、
そうした部分については揺らいでいません。


そうそう。
『一寸先は闇』について身をもって体験しちゃったので、
自分の中で確信になりつつある格言もあります。

『思い立ったが吉日』

ではまた。

Lotustorks instagram
Lotustorks Twitter
Lotustorks