チャンスはそもそも無いことの方が多い | Lotustorks

2021/01/23 13:00

ども。
製作担当の中西です。

さて、
今回ですが楽器の話について―。
あくまでも主観になりますが。


機械的な要素が占める割合が大きい楽器、
キーボードは卑近な好例となるでしょうか。
直接プレイヤーの方に伺ったことがあります。

『モデル差は当然あるけど、同一モデルなら個体差はないと考えている』

コレ、非常に納得できるのではないでしょうか。

例えばお使いのスマートホン。
iPhone11とiPhone12なら
そりゃ違いがあるでしょうが、
果たして同じiPhone12とiPhone12でどれほどの違いがあるでしょうか。

厳密なことを言えば生産地の違い等によって若干の違いがあるのかもしれません。
ですが通常使用において、人間が違いを感じ取るのはほぼ不可能と言ってもよいのではないでしょうか。

逆にこれが機械的要素が少なくなるほどに、
良くも悪くもその違いを大きく感じてしまうことになります。
同じ家系ラーメンであっても、
人それぞれに店の好みがあるかと思います。


私の大好物であるベースですが、
同じ個体には二度と巡り合えないと思っています。

理由としてはすでに述べた通り、
素材の大部分が木材で同じものがない点、
さらに人の手による製造要素が非常に強いことが挙げられるでしょう。

もちろんこれは弾き手のフィーリングの問題であって、
音だけ聞いて似たようなモデルの判別を行うのは難しい部分があります。

ですがそこは一期一会
あるかないかのチャンスを一度逃してしまったが最後、
二度と手にすることはできなくなってしまいます。

コレ買っとけばよかったうおおおおおおおおおおおおおおぉん(´;ω;`)ブワッ

と、
まぁこういったことになりかねないわけです。

何が言いたいかと申しますと、
一度出会った時のアンテナが
どこかビビッときたら逃さないようにしてほしいと思います。

楽器であれ人であれ、です。
何かしら後悔してしまうことになりかねません。
その時の感覚価値観でいいんです。

残念ながら二度目はありません。

ではまた。