思い出の三軒茶屋 | Lotustorks

2021/06/12 13:00

こんちわっ Lotustorksの吉川です
ここ最近 急に気温が上がりましたね。
梅雨は何処へ?
なくらい夏日が出てきてますね。
この夏の感じといえば、自分は10年程前に
ベースを1本担いで 上京したのですが、
当時、夏の三軒茶屋の極狭アパート(たしか4.5畳)から
全てがスタートし、これから始まる
東京ライフにとてつもなくワクワクしたわけですよ。
入居(上京)初日、新幹線で東京駅に降り
新宿の不動産で鍵をゲトり
なんとか三軒茶屋にたどり着き
極狭アパートにたどり着き
ベースを壁に立て掛けて
何もない部屋でドクターペッパーの缶を
灰皿代わりに(あかん)吸ったタバコは今でも
忘れない美味さでした。

外に出て右を見ても左を見ても全てが
ワクワク対象で、意味もなく散策したのは
最高の思い出です
当時は土地勘もゼロスタートで
下北沢に行くのも(歩いて行けるのに)
三茶から渋谷まで電車で行き
井の頭線に乗り換えて下北下車
なんていう謎の行き方を繰り返してたし
散歩のつもりで歩いてたら三茶から狛江まで
行っちゃった事もありました。

今は違うエリアに住んでますが
仕事で三軒茶屋は未だ頻繁に足を運びます。
ちょうど数日前も行ったんですが
夏日の三軒茶屋に とても懐かしさと
心地よさを感じましたね。
自分の東京の故郷はズバリ三軒茶屋なんだと
確信しましたね。

三角地帯の怪しい雰囲気
なんでもある茶沢通り
思い出だらけの世田谷通り
美味しいご飯屋だらけの1丁目の商店街
環七と246に挟まれる2丁目の
ごちゃごちゃ感(好き)
散歩するには最高の太子堂

なんて楽しい街なんだ、、と
ノスタルジックに浸りながら三茶を散歩する
のは最高です。
いつかまた住みたいなぁ とも思いつつ
住むならどの辺がいいだろう?
どんな間取りがいいんか?
なんて考えるのもシビれますね。

とかなんとか考えてたら
自分のド故郷の鳥取にも久々に帰省
したくなってきました。
もう少し 世間の感じが落ち着いたら
一回帰ろ。
はい、故郷っていいな というロングつぶやき
なブログでした。

冒頭にも書きましたが 暑くなってきました
体調崩さぬよう 無理せず過ごしましょう。

Lotustorks 吉川

Lotustorks instagram
Lotustorks Twitter
Lotustorks