社会あってのもの | Lotustorks

2021/11/06 13:00

ども。
製作担当の中西です。

今回は少し小難しい話ですが、
社会と音楽の関係性についてお話ししてみたいと思います。


当たり前のことですが、
音楽に限らず多くの文化芸術は社会の上に成り立っているものです。
そのため生きるのに芸術が必要といった考え方には
個人的に少し違和感を感じてしまいます。

もちろん考える状況や内容に違って結論が変わるものですし、
必ずしも自分の考え方が是であるなどと言うつもりはありません。
本音や理想としては私もそう言いたいところです。

ただ実際問題として世界の紛争地域を渡り歩いてライブ活動をしている方は私の知る限りいませんし、
当然火山が噴火したから芸術活動に精を出さねばという方も知りません。

では文化芸術は必要ないのかと言えば、
それは全く違うと思います。

一言で語りつくすことはなかなか難しいのですが、
今ある社会をさらにブーストさせるため
にも必要。
これが現状の私が認知している言葉だと一番しっくりきている表現です。

今でこそ少しずつ落ち着いてきたように感じますが、
自粛レベルマックスの社会はどこか暗かったように感じます。


言ってしまえばLotustorksの製品にも似たようなことが言えます。
ぶっちゃけウチの製品なんかなくても音楽演奏は可能です。

では必要ないのかといえば、
そうは思っていません。

徹底して現場主義の制作を行っているので、
あなたの音楽環境を一段も二弾もブーストさせることが可能です。

ありがたいことに、
着実にLotustorks製品ユーザーが増えています。

今後どうなっていくのか、
制作している本人の私も
非常に楽しみです。


ではまた。

Lotustorks instagram
Lotustorks Twitter
Lotustorks