デザインと定義の話 | Lotustorks

2022/01/15 13:00

ども。
製作担当の中西です。

今回はタイトルの通りですが、
デザインを中心にお話ししてみたいと思います。
過去にも似たような話を書いたことがありますが、
今回も似たような内容です。
重複する内容もありますがよろしければお付き合いください。


今年は年始からずっとデザインを進めています。
デザインと一言に言っても内容は様々ですが、
文字通りずっっっっとデザインを進めています。
かなり長時間pcに向き合っているので、
正直眼球が爆発して脳が溶けてしまいそうです。。。

今までにも度々お話ししてきた気がしますが、
私はデザイナーというわけではありません。
デザインをやってきた経歴もありません。

Lotustorksの商品制作に『デザイン』という過程が必要だったので
手段としてデザインをしているに過ぎないのです。

眼球が爆発して脳が溶けてしまいそう
その理由はまぁやりながら勉強しながらということですね。

個人的には目的のために手段は選ばない主義なので、
デザインを選択したこと自体にためらいはありませんでした。

しかし蓋を開けたら
まぁ大変だこと。
オホホのホ。

言ってしまえば
地味な作業の積み重ね
地味な作業の繰り返し
こうしたものを積み上げて製品にしています。

新製品の設計にあたっては
もちろんロゴのデザインも行っています。

入稿する際に『なんとなく』なんてものは
一切通用しません。
(※場合によることもアリ)

どこを基準に何が何ミリ何度なのか
カラーモードは
入稿形式は
単位は

細部まですべて定義して決定しなければなりません。
今までの製品で言えば最も手間がかかったもので
たった一製品を作るのに細かい作業工程も参入すれば
手数が余裕の三千超え
なんてものもあります。

もちろん必要なことなので苦ではありません。
ユーザーの方々がLotustorksを必要としていただける限り
やり続けます。

ただ眼球と脳のことを考えて
ひと段落したら少し休ませていただきます。


ではまた。

Lotustorks instagram
Lotustorks Twitter
Lotustorks