人生の好きな時間 特別枠 | Lotustorks

2022/06/01 13:00

こんにちは
Lotustorksの吉川です。
突然ですがみなさんは
人生において この時間が至福!
みたいなのって必ずあると思うんですが
特に好きな時間みたいなのって
あるでしょうか?
自分の場合は、、てのを考えてみたら
もうこれしかありませんでした。
今回は それをタラタラ語らせてもらいます。

自分の人生における至福の時間
自分の場合それはもう間違いなく
地元(鳥取)に帰省する際に必ず利用する
サンライズ出雲という寝台列車
その車中の時間です。

東京駅を21:50に発車するのですが
まずは21時過ぎには東京駅に到着して
駅弁を片っ端から吟味します(この時点で
至福は始まっています)
珠玉の弁当2〜3個と飲み物を購入し
乗車するのです。

そして自分は愛煙家なのですが
本来、公共の乗り物での喫煙など
許されるわけがなく我慢が当然なのですが
このサンライズ出雲
なんと喫煙個室車両という
昭和の遺産のような車両があるのです。

個室に入り 駅のホームを眺めながらの
一服。。
あれ?今って1990年くらいだっけ?
と錯覚してしまうかのごとく です。

そして切符を駅員さんにパッチンしてもらったらもう エンペラータイム同然
駅で購入した弁当を食べ 東京からだんだんと
遠ざかる景色を堪能し
好きなタイミングで煙草に火を灯す。

そしてこのサンライズ出雲
一階と二階に個室があるのですが
乗車される際は 可能な限り二階の個室を
オススメします。
二階の個室の窓、なんと窓が天井付近まで
カーブしていて、寝そべると空が見えちゃうんです。
天気のいい夜なんてもう最高です。
しかし
サンライズ ビギナーの方はこう思うでしょう
あれ?窓に自分の顔とかが反射してて
全然 景色が見えない。。
そうです 焦る事なかれです
部屋の電気を全部消してみてください。
夜の景色が鮮明に 飛び込んできます。

そんな暗く狭い空間で 景色を眺めながら
またもや煙草を吸う。
これ程の至上のひとときを
眠くなるその時まで じっくりと味わう。

そしていつのまにか寝ていて
朝起きると 景色がもう昨夜とは別世界
山や川を眺めながら 朝用に買った
飲み物を飲みながら ぼーっとする
列車が走るほのかな揺れがまた最高なのです

そして 午前9時にもなると
自分の地元 鳥取県米子市の米子駅にて
下車。もう最高がこの時点で
仕上がっています。

飛行機でぴゅーーん もいいんですが
自分はこういう10数時間かけて故郷に
向かう。そんな時間の使い方がとても
好きです。

嫌煙家の方も多い このご時世に
こういった少数派の煩悩に応えてくれる
サンライズ出雲
自分はこの列車がある時代にいれて
本当に嬉しく思います。

この愛すべき寝台列車に
人生であと何回 乗車できるのか
全くわかりませんが3ケタ回数乗る
事はまず ないでしょう。

1回1回を噛み締めながら
乗車したいと思います。
それくらい大事にしたい時間です。

みなさんの人生の好きな時間 特別枠
是非 大切にお過ごしください。

Lotustorks 吉川


Lotustorks instagram
Lotustorks Twitter
Lotustorks